グラミー飼育入門
投稿:2022/12/18

グラミーの性質を理解しよう

青いグラミー

グラミーは他の淡水魚と同じく、弱酸性の軟水を好みます。中性でも平気ですがより健康に飼育する ことを考えると弱酸性の方が繁殖もしやすい傾向があります。日本の水道水はごく僅かにアルカリ性 なので、水質調整剤で弱酸性にします。

グラミーの好む水温は、24~26℃なので水槽用ヒーターがピッタリです。温度固定式ヒーターが 26℃なのでこれを使いましょう。また水深が深め(15cm以上)の場所を好み、浅瀬を嫌うので 底砂で浅瀬は作らないようにしましょう。


縄張り意識が強い

グラミーのオスは水槽内で縄張りをもつ習性があるので、1つの水槽にオスは1匹が原則です。 メスは複数いても大丈夫です。オスが2匹以上いると激しく争うので要注意です。

また他種の魚との混泳も可能ですが、同じくらいのサイズの魚が望ましいです。体格差があると 相手を食べることもあり、危険なので避けましょう。

繁殖は比較的容易

グラミーは「バブルネスター」が多く、水面に泡を作ってそこに卵を付けます。繁殖時には 水面に発泡スチロールを浮かべて、泡の巣を作りやすくするのも良い手です。自然環境では水に浮くもの に泡を付けて卵をたくさん付ける習性があります。

また品種によっては「マウスブリーダー」といって、クチの中で卵を育てる種類もいます。これは 繁殖がかなり難しいので経験を要します。

なおメスは卵を食べる習性があるので、繁殖させるなら産卵後はメスを取り除く必要があります。 メスに卵を食べられて繁殖に失敗する例は多いですね。

グラミーの稚魚はサイズが小さく、ブラインシュリンプが食べられません。その為インフゾリアなど 非常に小さいエサを必要とします。卵の黄身やPSBなどを与えてあげましょう。

水草の多い、こなれた水なら水中にプランクトンも多少いるのでエサになります。孵化してから1週間 が繁殖の山場といえますね。孵化6日目あたりからブラインシュリンプも食べられるほど大きくなります。

ブラインシュリンプは沸かすのに24時間かかるので、あらかじめ前日から沸かしておく必要があります。 塩分濃度次第で湧く確率は大きく変化するので注意しましょう。

またブラインシュリンプを沸かすのが面倒な場合は、メダカの稚魚用の超小粒の人口エサも食べますが、 一番よく食べて成長するのはやはりブラインシュリンプです。なるべくブラインを与えましょう。